バックシールド治具修理

バックシールド治具修理

弊社で使用しているポジショナー用のバックシールド治具を壊してしまったため修理

  • 壊れたパーツ

    壊れたパーツ

    複数の部品で構成されているのですが、製品を治具から取り外すことが出来なくなりシールド治具の部品をリューターで1時間くらいかけて壊して取り外しました。

  • 材料が小さい

    材料が小さい

    再製作しようとしたら材料の外径が足らず溶接で肉盛をして旋盤加工できるサイズに大きくしました。

  • 旋盤加工

    旋盤加工

    旋盤加工をして新しいパーツの出来上がりです。二度と壊したくないので簡単に分解できるように追加加工して再生完了です。

組み立て完了です。

組み立て完了です。

弊社で販売している治具やコントローラは自社で使用しながら色々なトラブルを克服してお客様のお手元に届きます。

その経験を活かして特注品の治具、シールド治具も製作,販売しております。