ハステロイをTIG溶接

ハステロイをTIG溶接

或るお客様よりハステロイの溶接が出来るかとの問い合わせがありました。

或るお客様よりハステロイの溶接が出来るかとの問い合わせがありました。

弊社では経験している事なので大丈夫と返事をし材料をお預かりして2度ほどテストしましたが結果はあまり芳しくありませんでした。厚み違いでコーナーでの突き合わせ溶接で、完全な裏波が必要とのことでした。

今回の案件はお客様に、申し訳ないことをしてしまいました。

機密情報等の関係で、現物は お見せできない形状ですので説明しにくいのですが、このままでは終われないのでsus304で、ほぼ同じ板厚、継ぎ手形状を再現し写真で説明していきます。

  • 継ぎ手形状

    継ぎ手形状

    板厚違いが確認できると思います。継ぎ手形状はコーナー部の突合せとなっています。コーナーのエッジを極力残す又は溶接棒で肉盛して仕上げ時にエッジを出す様に溶接します。

  • 仕上げ

    仕上げ

    これで外観は大丈夫です。

裏波の確認

裏波の確認

見にくいですがこの様な感じを 希望されていたと思います。今回の反省点は 経験があるからと簡単に受けてしまった事、同じ材質、同じ板厚、同じ継ぎ手形状でテストしなかった事だと思います。但し材質は違いますが板厚、継ぎ手形状を再現しデータは取れたので、次は大丈夫だと思います。驕りがあった訳ではありませんが しっかりシミュレーションしてから着手したいと思います。

今回良かった事は シールドに関する 設備、技術、スキルは使えると感じたことでした。

反省を踏まえて、量産に戻ります。