異種金属をTIG溶接

異種金属をTIG溶接

  • 溶接側

    溶接側

    今回は、Ti一種とSUS304の溶接をしてみました。まずは表面、板厚1mmなのに、ビードが広く波も均一ではありません。

  • 裏側

    裏側

    裏波もまだイマイチです。強度はある程度確保できましたが、板厚に対して、溶接棒が太かったので次は、更に強度を上げて、綺麗なビードを目指します。

当サイトでは、記事の更新情報をメールでお知らせしています。ご希望の方は、以下でメールアドレスをご登録ください。(無料)登録解除も以下から可能です。ご登録は、確認メールに記載されているURLをクリックする事で完了します。