チタン製品の修理

チタン製品の修理

エキマニの溶接修理

この動画は、自動車のエキマニの集合部にクラックが発生したので修理してほしいとの御依頼でした。通常だとお断りさせていただく依頼なのですが、発売中止になった製品らしく、修理以外の方法が無いので一度見るだけで良いからという事で、弊社に送っていただきました。幸いな事に、材料の厚みもあり、劣化もあまり進んでいなかったのでご依頼を受けることにさせていただきました。このようなケースはまれで、大体は修理をお受けすることはないのが、マフラー等の高温に曝されるチタン製品です。劣化が進んではいなかったのですが、溶接はオリジナルに近付けることが難しく綺麗な溶接が出来るものは皆無です。やはり、目に見えない熱による劣化は進んでいると思われます。下記に修理部分の拡大写真を載せておきます。お客様もご理解のある方ですべて納得の上で作業が出来たので、気持ちよく取引出来ました。

  • 補修前

    補修前

    こちらが補修前の画像です。かなり厚みが有るので簡単に修理できると思ったのですが目に見えない劣化は進んでいるようで、オリジナルに近い溶接は不可能でした。

  • 補修後

    補修後

    やはり、最初に有ったクラックとは別の新たなクラックが発生しました。お客様には喜んでいただけましたが修理した本人は気が重いです。

自転車のフレーム

自転車のフレーム

ここからは、自転車のフレームになります。こちらは修理前のクラックが入った部分を拡大しています。非常に細い割れなので、見えにくいと思います。

自転車のフレーム補修後

自転車のフレーム補修後

こちらが、補修後の画像ですが先程のマフラーに比べると随分オリジナルに近い状態になっています。自転車の場合熱が全くかからないので劣化はほぼ無いと考えられます。このような修理の場合どれだけオリジナルに近付ける事が出来るか考えながら作業を進めていけるのでモチベーションは高く楽しく作業が出来ます。下記に自転車関連の画像をまとめておきます。

自転車関連の画像一覧
  • チタン製品の修理
  • チタン製品の修理
  • チタン製品の修理
  • チタン製品の修理
  • チタン製品の修理
  • チタン製品の修理
  • チタン製品の修理
  • チタン製品の修理
  • チタン製品の修理
  • チタン製品の修理
  • チタン製品の修理
  • チタン製品の修理