異種金属のtig溶接

異種金属のtig溶接

異種金属のtig溶接

異種金属の溶接は今回で2回目になると思います。今回は厚み1mmのsus304の板にΦ12厚み1mmの銅パイプを読接してみました。コツは長時間アークを当てない事。そこだけ注意すれば問題ないと思います。弊社では、アークの時間を制御するTIGCON-Tと言う製品を持っていますので比較的早く条件を決める事が出来ました。

 

当サイトでは、記事の更新情報をメールでお知らせしています。ご希望の方は、以下でメールアドレスをご登録ください。(無料)登録解除も以下から可能です。ご登録は、確認メールに記載されているURLをクリックする事で完了します。