配管溶接用バックシールド

配管溶接用バックシールド

  • i-Purge

    i-Purge

    以前お借りしたOptrelの自動遮光面を輸入販売されている東京のラメール株式会社さんから、またしてもお借りした、I-Purge(アイパージ)と言う製品にHIPURGEを接続してみました。

    パイプ同士を溶接でつなぐ時に使用します。最小径φ50位から対応可能だそうです。
    それより小径になると弊社の配管用バックシールド治具が使いやすいと思います。

    風船が2つ膨らんでいますが実際はパイプの中に入れて風船をつないでいるチューブの中間あたりを溶接します。

    弊社HIPURGEに制御ユニットを組み合わせて自動で処理できるかテストしてみました。

  • HIPURGE ユニット写真

    HIPURGE ユニット写真

    動作は

    ①両サイドの風船が膨らみます。

    ②パイプの内壁いっぱいに膨らみきって風船の内圧が上がる、とリリーフバルブが開き風船と風船の間にシールドガスが充満し始めます。

    ③風船のシールドガス供給はそのままに、もう1系統をダイレクトに、風船と風船の間にシールドガスを供給します。

    ④酸素濃度計で、空気とシールドガスの置換がPPM単位で監視します。

    ⑤気体の置換が完了するとシールドガスの供給はそのままで溶接を開始します。

    上記の手順は人手を使って作業しているそうです。

    それを⑤の溶接開始までを 弊社HIPURGEに制御ユニットを組み合わせて自動で処理できるかテストした動画です。

テスト動画

テストに使用したI-PurgeはΦ150用ですが、Φ50から有るようです。プラント用の配管を溶接している企業さんには良いと思います。