一輪挿しを作ってみました

一輪挿しを作ってみました

使用した装置TIGCON-T  Completeの紹介

こちらの、TIGCON-T  Completeのスポットモードでのテストです。TIGCON-T  シリーズはダイヘン、パナソニック等の汎用TIG溶接機で微細なTIG溶接を可能にする装置です。微細なTIG溶接が可能になる為、金型補修等に使用されているお客様や、針金のように細い物よ、0.3mm以下の薄板をを溶接する為に導入いただいております。今回は、スポットモードで沢山アークを出力した場合、TIGCON-Tや溶接機に不具合が出ないかの検証の為、目的無しにアークを出力するのも面白くないので、一輪挿しを作ってみました。結果は溶接機にも、TIGCON-Tにも全く問題は有りませんでした。下記2回に分けてその時の動画をYouTubeに投稿しています。

 

思いつくままに

最初は何を作るとも無く、溶接棒を巻きながら溶接してみようと思い付きひたすら溶接をしていましたがせっかくなので器のようなものを作ってみようかと考えを変えて縁を上げていくことにしてみました。

最終的に一輪挿しに決定

小皿程度と考えて溶接していくうちに、どうせなら飾りにできるものと思い、一輪挿しに決定し、又ひたすら溶接していきました。思い付きで製作した為形はいびつですが、なんとかそれ風に仕上がりました。計画して作っていたらもっと洗練された形で作れたかもしれませんが、これはこれでありかなと思います。苦労したのは、くびれの所でアークを当てたい場所に電極を持っていくのに悩みました。今は、外側も溶接するかどうか悩んでいます。もしYouTubeを見て下さる方がいらっしゃればコメント欄に外側の溶接をするべきか、しないべきかご意見下さい。

本題の耐久テストは、溶接機もTIGCON-T  Completeも全く問題ありませんでした。今回は以上です。

当サイトでは、記事の更新情報をメールでお知らせしています。ご希望の方は、以下でメールアドレスをご登録ください。(無料)登録解除も以下から可能です。ご登録は、確認メールに記載されているURLをクリックする事で完了します。