汎用TIG溶接機で微細なTIG溶接を確実に施工
TIGCON-T Spot

汎用TIG溶接機で微細なTIG溶接を確実に施工<br>TIGCON-T Spot

TIGCON-T Spot開発の理由

TIGCON-T Spot開発の理由

写真は旧タイプの製品で以前アークスポットタイマと呼んでいた製品です。
10年以上前から、弊社には治具屋様より高さを0.1mm上げたいのでシムを溶接してほしいとか、0.3mmの針金をクロスさせて溶接してほしいといった、汎用TIG溶接機では難しい溶接の依頼が、年20回前後ありました。最初は無理をして汎用TIG溶接機で対応しておりましたがもっと確実にしかも熱影響を少しでも抑えたいと思い、たどり着いた結論が出力時間を短くする方法でした。弊社でテストした結果、人間がスイッチ操作をいくら早くしても0.数秒でTIG溶接機の最短アークスポット時間の0.1秒よりも長かったので何か装置を設計して対応するしか方法が有りませんでした試行錯誤を重ねながら完成した製品がTIGCON-T Spotです。TIGCON-T Spotは、溶接機に標準で備わっている、アークスポット時間をを更に短時間で制御します。タイマは、0.001秒から1.000秒まで設定できますが、溶接機の能力の問題で、最短0.01秒前後※1(DAIHEN製に限る)からの調整になります。標準のTIG溶接機では最短で0.1秒なので1/10までアークスポットタイムを短縮できます。
由って非常に細い部材や、薄い板などの溶接作業が溶け落ちさせる事無く可能になります。

※1 Panasonic製WX4にはアークスポットモードが装備されていません。0.2秒位からの反応になります 充分微細な溶接は可能です。

TIGCON-T Spot

TIGCON-T Spot

こちらがデザインと仕様を変更した最新モデルです。本製品はカプラーオンで接続できますので溶接機の改造は不要です。以前の製品はタイマを使う時と通常の溶接をするときで溶接機との接続を繋ぎ変えておりましたが、新しい仕様ではTIGCON-T Spot本体のスイッチで切り替え出来る様になりました。電源OFF時とノーマルモード時で通常の溶接が可能になりSpotモードに切り替えると極短時間スポットモードの設定になります。
※接続には溶接機に合わせた接続ケーブル(選択部品)が必要になります。ご検討の際は溶接機のメーカー名、製品名をお知らせください。

このページの下に動作確認している動画が有ります。

接続ケーブル

接続ケーブル

Panasonicデジタル機、アナログ機、DAIHENデジタル機、アナログ機溶接機によってコネクタ形状が違いますのでご注文の際にご指定下さい。

  • 先端に肉盛1

    先端に肉盛1

    カッターナイフの先端に肉盛りをした写真です。先端を狙ったのですが刃の部分にもアークが飛んでしまい先端から2mmくらいのところまで溶けてしまいました。写真をクリックすると拡大できますのでご確認ください。

  • 先端に肉盛2

    先端に肉盛2

    こちらはうまく先端に肉盛り出来ました。このようにTIGCON-Tを使用すると汎用TIG溶接機では不可能な微細な溶接も可能になります。

SUS304 0.1mm 板の溶接サンプル

SUS304 0.1mm 板の溶接サンプル

こちらはsus304の0.1mm厚の板を突合せ溶接した写真です。
仮付けを慎重に行えば本付けは簡単に行えます。汎用の溶接機単体では難しい薄板の溶接も簡単に行えるようになります。

動作チェック

動作チェックをしている動画です。前半は厚板にスポット時間を変えながらアークを出力し後半は0.3mmの板を突合せで点付けしています。

製品在庫状況
製品名 在庫状況 在庫予定 価格(税別)
TIGCON-T  Spot ¥59,500-
接続ケーブル 同梱品

上記価格には接続ケーブルも含まれております。接続ケーブルは溶接機ごとに違いますのでご購入検討時にご相談ください。

※仕様,価格は技術改善などにより予告無く変更する場合がありますがご了承ください。
弊社製品は溶接機に負担をかけない設計がされておりますので安心してご使用ください。

関連製品